人間関係が柔和になる☆ 前療法で露になる前世人格が幸せを導くキーワード

先日、都内より起こしの○様。
駅まで送迎をしておりますが
出会った瞬間に、不思議な世界を感じました。
とっても、身近な波長を感じたのです。

○様をクリスタルルームにお連れして
お話を伺っていきますと、
自然と「この世の自然破壊」についてなど。
地球規模の話に流れていきます。
○様は、お子様をお持ちであるということも
関連しているとは思いますが、
「ああ、世の中立て直しの役目を感じていらっしゃるのだな。」
そう感じました。

インナーチャイルドセッションをご希望でしたが、
SAM前世療法も気になるということでした。
催眠下で潜在意識が訴えを導く方向に
誘導して行きましょうね

とだけお伝えしながら、
催眠感受性のテストに入りました。

催眠深化の過程では
「クリスタルマリアに導いている人格が在る」
その事が強く全面に出てきていたこと。
そして、催眠感受性が豊であった事が揃い、
SAM前世療法の流れにセッションを流しました。

人格顕在化の前に訴えを起こしている
「可愛らしい男の子」がいらっしゃりまして
お話を伺いながら、
光の世界へとお導き致しました。

その後も、母方のご先祖様の訴えもありまして、
「どうか○様を幸せに導いてくださいね☆」
最後には、ご先祖様にお願いをしまして
天上界へお導きいたしました。


その後は、すんなりと魂状態へ☆

 

 

 

otama_isikawa.jpg
(お写真ネットより引用させていただきました)


 

顕在化した人格は、
1400年代に生きた
「細川家正室」でありました。
キリシタンでもあったそうです。


京都の丹後地方に生きたそうで、
お子様が出来ない体質であったそうです。
側室や義母からの辛い仕打ちの様子。
前世人格の訴えとして
○様の目頭からは
「滝のように涙が流れていました
煌びやかなれど、露の下部。
正室ならではの苦悩にセッションしながら胸が痛みます。
最後は身体が憔悴して、世を去ります。
無念な思いをスピリットヒーリングにて救済し
セッションを終えました

セッション後に、
ルームに置いてあった「本」を差し出すと、
「ええ〜!」「どうして!!」
と驚かれていました。
それもその筈、「細川の本」でありますので

セッション前に○様には一切、
前世療法で顕在化した人格の話などもしてりませんでしたし、
SAM前世療法をするかも、
潜在意識の導き次第で始まったセッションでした。

目の前におられる魂の姉妹。
それは、出会ったときから、
不思議な感覚であるはずです。

○様、素敵なご縁をありがとうございました☆
またお待ちしておりますね